ショビ書房のホリディ

マンガ・仏像彫り日記・℃-ute・ハロプロなどについて書いています。

国立の東西書店、閉店レポート。

2015年8月31日をもって国立の東西書店が閉店しました。

その様子をレポートします。

閉店1時間前

f:id:chove-chovo:20150901224300j:image
すでに書店の前で何人かの人が写真を撮っています。
私は毎日東西書店の前を通って通勤するのですが
この1ヶ月間はほとんど毎日東西書店の辺りで
「もうすぐ東西終わっちゃうんだって。残念だね」
と言う声が聞こえてきたものです。
 
f:id:chove-chovo:20150901224609j:imagef:id:chove-chovo:20150901224930j:image
 f:id:chove-chovo:20150901224917j:image
店のいたる所に手書きで閉店のしらせが貼られています。
店員さんの気持ちが伝わってくるようです。
 
f:id:chove-chovo:20150901225030j:image
 
閉店の記念に1冊買う人も多かったようで、私もその1人。
ちょうど欲しいと思っていた上村五十鈴「星の案内人」が平置きになっていたので購入しました。
めっちゃいい天文マンガです。

 

星の案内人 1 (芳文社コミックス)

星の案内人 1 (芳文社コミックス)

 

 

 

閉店の瞬間

軽くご飯を食べながら「星の案内人」を読み、
閉店時間の22時ちょっと前に東西書店前に戻ってきました。
するとすごい人だかり!
f:id:chove-chovo:20150901225413j:image
バスの運転手さんも停車の合間にバスを降りて、その様子を見守っていました。
 
店内レジは長蛇の列。
22時を過ぎても列をさばききれず、その間にまた新しいお客さんが店内にすべり込むため、閉店は約30分遅れの22:30となりました。
f:id:chove-chovo:20150901225726j:image
閉店の瞬間を見守ろうと待ち構える人だかり。
22時を過ぎても人ごみは減るどころか増える一方です。
 
最後のお客さんが出た後、店員さんが全員出口に集まってきました。
そして挨拶。
f:id:chove-chovo:20150901225923j:image
 
鳴り止まないあたたかい拍手。
花束を渡そうとする人、「ありがとうー!」と歓声を飛ばす人、涙ぐむ人。
いろんな人に見送られながら、シャッターは閉まっていきました。
f:id:chove-chovo:20150901230229j:image
 
f:id:chove-chovo:20150901230311j:image
 
長い間国立の本文化を支えて下さってありがとうございました。