ショビ書房

ハロプロや仏像、日常について書いています。

仏像

国立の梅と桜とアナと雪の女王。

梅 / ohenclub 女優で国立市議会議員でもある石井めぐみさんが、先日Facebookでこのような投稿をされていらっしゃいました。 // おはようございます。今日はなんと18度の予報。外出に厚いコートはいらないかもしれません。今や盛りの梅の花。桜で有名なくに…

鬼平と仏像。

去年から彫り続けていた十一面観音がほぼ完成しました。別の材で彫った11面目の顔を頭頂に差し込めば出来上がりです。 そこで、次なる仏さんを彫るために、立川まんがぱーくへ資料調べに行ってきました。

十一面観音像、もうすぐ完成。

十一面観音がもうすぐ彫りあがりそうです。いまやっとクライマックス、頭の上の仏面に取りかかりました。 旧高田邸で十一面観音の写真集に出会い、流れを感じて十一面の挑戦しはじめたのが9月。 引っ越しだなんだと慌ただしくて、日数がかかってしまいまし…

くにたち仏像彫り:木取りの爽快感は大掃除と似ている。

片手におさまるサイズの仏さんを頼まれたので、月曜の朝から彫りディです。だいたい5センチ四方のものがいいという指示があり、家を見回したところちょうどいい木片がありました。旧高田邸の解体跡で拾った、おそらく屋敷の土台にあたる部分の木材です。

十一面観音像に初挑戦。尊敬できる人からの期待は、夢を現実に変換する原動力

十一面観音像、着手。 以前、国立は旧高田邸から掘り出した仏像の写真集について書きましたが 構想から数か月、やっと十一面観音像の彫刻に着手します。

蓮を持った仏様。記念の仏

久しぶりに仏像が一体完成しました。

国立三大家宝

最近、人から「それは家宝だね。大事にしなきゃね」と立て続けに言われる機会がありました。 どれも国立がらみで貰ったお宝です。

聖者たちの食卓とカレー

国立市は谷保にある「やまもり食堂」で「聖者たちの食卓」という映画の上映会イベントに参加してきました。 あまり映画に詳しくない私がなぜこのイベントに参加したかというと、映画の後にカレーが振る舞われるという事を聞きつけたからです。 インドの映画…

心のありざまが木に伝わって仏になる。

昨日はうれしいことがありました。 五日市の先生宅で仏像の顔を彫っていたのですが、 初めて先生の直しが入りませんでした。

仏さん、はじめてのグラビア撮影。

以前、 アーティストから作品発表の極意を教わる。 - ショビ書房のホリディ という記事で、アーティストの友人から有難すぎるアドバイスをたくさん貰ったことを書きました。 かなり本気過ぎるプロ目線のアドバイスで、聞いた当初は軽い気分で相談した自分を…

壊したくないものと、壊さないとわからないもの

縁あって、とある邸宅の柱と庭の木をいただけることになりました。 いただいた木はこれから少しずつ仏像の材になります。 柱を貰いに行くと庭にはブルドーザーが入っていました。 まだ家の中は大丈夫、ということで玄関を入りますが中はすでに瓦礫と砂埃だら…

“おもいの塊”を彫る。―自分らしさとは何か

友人が出家すると聞いて、東京駅まで見送りに行きました。 彼女とは一緒に音楽をやっていました。まるでお姫さまのような人だったので、出家の連絡を受け取った時は驚きました。でもこの選択がこれから彼女の大きな力になっていくんでしょう。

さよなら旧高田邸

国立に残る昭和初期の文化住宅、旧高田邸。 本日をもってそのお別れイベントが終了しました。 約10日間の会期中、のべ3000人の方々がご来場されたそうです。 そこかしこで耳にした「このまま取り壊すのは勿体無い」「どうにかして残す事は出来ないのか」とい…

「インドの仏」展(於東京国立博物館)を知らないなりに見た感想

東京国立博物館で行われている特別展「コルカタ・インド博物館所蔵 インドの仏 仏教美術の源流」を観に行ってきました。 初日に行った割にはあまり盛り上がりを感じませんでした。 上野公園内にあまりポスターも貼られていないし。 同じ東京国立博物館で行わ…