ショビ書房のホリディ

ハロプロや仏像などについて書いています。

変わっていく東京をいつもと違う視点から眺められるスカイバス。

Tokyo
Tokyo / Happy Kota

 

先日、スカイバスに初めて乗りました。
ロンドンバスのような、2階建ての屋根無しバスです。(乗客は全員2階席)

 

コースは2種類。

  • 最高裁判所や国会議事堂を回る「皇居・銀座・丸の内コース」
  • お台場や築地を回る「東京タワー・レインボーブリッジコース」

なんとなく皇居コースは堅そうなイメージがしたので、東京タワーコースを選択しました。
バスに乗る時間は約1時間。料金は1600~1800円。
手軽に東京観光できるという理由でお試し参加してみたのですが、意外に楽しく、都内住まいの自分でも知らないことがいっぱいありました。

続きを読む

ラジオ番組でメールを読んでもらう方法。

2011/365/84 On The Air
2011/365/84 On The Air / cogdogblog

 

前回の記事で、「ヲタクはラジオに投稿すればいいことづくめ」という話を書きました。


では具体的にどう送ればいいか、
そして採用される確率を上げるにはどうしたらいいか。
今までに 約30通ほど採用された経験のある自分が、普段投稿する時にやっている方法を書きます。

続きを読む

最もコストパフォーマンスの高いヲタク活動、それはハガキ職人。

2011/365/84 On The Air
2011/365/84 On The Air / cogdogblog

 

ヲタクはとにかくお金がかかる。
ライブ代、グッズ代、握手、チェキ、交通費、その他もろもろ。

お金の無い私は、体力だけを武器に今までいろんな応援活動をしてきた。
・自転車で東京から静岡まで行く。
・毎日歌詞のワンフレーズを万年筆でしたためてツイートする。
・スマホゲームのユーザ名に推しの名前を付け、ランキング上位に表示させる。
(※私は「推し」という言葉を使うのがあまり好きじゃありませんが、いちいち「好きな特定のアイドルや芸能人に」と書くのが面倒なので、便宜的に「推し」と書きます)

その中で、最もコストパフォーマンスの高いヲタク活動は何か、結論が出た。
ハガキ職人である。
今の時代、ラジオへの投稿はメールで送るのが主流なので、メール職人と言った方が正しいだろうか。
とにかくハガキ職人が最強である。

続きを読む

「Hello! Project 研修生発表会2018 ~春の公開実力診断テスト~」どこよりも長い3万字感想

はじめに

ハロプロ研修生による実力診断テストは今年で6回目となりますが、確実に年を追うごとにレベルが上がっています。そして、おそらく本人たちが思っている以上にハロプロファンは実力診断テストを熱く注目しています。

実力診断テストはハロプロにおいて比較的「個人の努力が報われる可能性の高い場」です。観る側がショーの楽しさを一方的に享受するだけでなく、能動的に努力の跡を読み取ろうとする現場だからです。
今回、欠席した井上ひかるちゃんも含めて、研修生30人の中で、頑張らなかった子は一人もいないと思います。なのでこのブログは、ひとりひとりに対して同じ熱量をもって、ファンレターを送るような気持ちで書きました。(その割には説教くさい部分も多い、面倒なヲタクで恐縮ですが・・)インターネットの海に流して、もし研修生の誰かがたまたま目にした時に、エールとなればいいなというスタンスで書いたので、とんでもなく長文です。観た人じゃないと読んでもつまらないような細かいポイントにもいちいち言及しています。矢島舞美ヲタだから仕方ないと思っていただければ幸いです。
本当に長いので気になる部分だけ拾い読みしてもらえればと思います!

続きを読む

「ハロプロ研修生発表会2018 ~春の公開実力診断テスト~」個人別傾向と対策(14000字)

2018年現在におけるハロプロ研修生の動向

今年の実力診断テストの行方を占う際にまず注目すべきは、ここ2年間における研修生の増減数です。
2016年春~2017年春にかけて
研修生を抜けたのは11名(デビュー6名、修了5名)。
対して新加入が21名(北研含む)と、大量の加入です。

そこからさらに1年経って現在、抜けた研修生は5名。
全員がデビュー確約組で、辞めた子はなんと0人です。
(※これを書いていた直後に北川亮ちゃんと橋本桃呼ちゃんが辞めてしまいました。なぜ、デビューの大きなチャンスである実力診断テストを目前に辞めたのでしょうか・・)

続きを読む

ハロプロ研修生発表会12月〜conti→New!〜 全メンバー感想

ハロプロの次世代を担う少女たちの熱気

2017年はハロプロにとって激動の年でした。
℃-uteの解散、ももちこと嗣永桃子ちゃんの引退、相継ぐメンバーの体調不良による活動休止や脱退、カントリー・ガールズの解体など、けして明るいニュースが多いとは言えませんでした。

℃-ute ラストコンサート in さいたまスーパーアリーナ ~Thank you team℃-ute~ [Blu-ray]

℃-ute ラストコンサート in さいたまスーパーアリーナ ~Thank you team℃-ute~ [Blu-ray]

 
嗣永桃子ラストライブ ありがとう おとももち [Blu-ray]

嗣永桃子ラストライブ ありがとう おとももち [Blu-ray]

 

 

そんな中、ハロプロ研修生は研修終了生(=辞める子)が1人のみという異例の少なさでした。理由は、ハロメンの大量離脱により、デビューの可能性が非常に上がっている現状を受けてのことでしょう。

現在未発表の一岡伶奈ちゃんユニットや、さらなる新ユニットの結成、そして既存グループへの新メンバー投入など、誰がどこに抜擢されてもおかしくない状況です。

続きを読む

「縄文号とパクール号の航海」-意味のないことの強度-

国立では関野吉晴さんの名前がよく出てくる。
一橋大学出身で、現在は武蔵野美術大学の教授をしているので、国立には縁の深い方だ。

グレートジャーニー―地球を這う〈1〉南米~アラスカ篇 (ちくま新書)

グレートジャーニー―地球を這う〈1〉南米~アラスカ篇 (ちくま新書)

 

 
先日、「縄文号とパクール号の航海」という関野さんの航海旅を追ったドキュメンタリー映画が国立で上映されるというので観に行った。

続きを読む

ハロメンブログで振り返る℃-ute解散公演。

 


℃-uteのラストコンサートinさいたまスーパーアリーナでは
異例とも言えるハロプロ全グループによるオープニングアクトが行われました。
(基本は研修生か新人グループ1組のみ。大箱でも最大で3グループくらいが通例です)

つまり、全ハロメン48名(1名欠席)が℃-uteの解散を会場でじかに見届けていたということです。
翌日、翌々日にはほぼ全員のブログでSSAのことが取り上げられました。
その中で印象的だった文面を紹介し、SSAと℃-uteの解散を後輩視点で見ていきたいと思います。

続きを読む